小笠原観光協会公式サイト、
小笠原へお出かけの際は母島まで
小笠原観光協会
TOP
logo

交通アクセス

交通アクセス

母島への行き方


母島へのアクセスは、東京から小笠原諸島の玄関口となる父島へ、「おがさわら丸」に乗船し24時間。父島から「ははじま丸」に乗り換えて2時間で母島に到着。



「おがさわら丸」について

おがさわら丸の乗船券は、乗船日の2ケ月前の朝9時から発売開始。 ただし、ゴールデンウィーク、夏休みの繁忙期は予約開始の特定日が設けられ、各期間中の一斉予約・発売となる。 乗船券は小笠原海運株式会社へ電話、インターネット予約もしくは旅行代理店を通じて購入可能。

[乗り場] 東京港竹芝客船ターミナル

JR

浜松町駅北口下車徒歩7分

地下鉄

大門駅下車徒歩約8分

ゆりかもめ

竹芝駅下車徒歩約1分

東京モノレール

浜松町駅下車徒歩約10分

「ははじま丸」について

父島―母島間をおおむね週4~5便運航しているが、片道運航のこともある。
父島から日帰りできる日もあるが、滞在時間は4時間程度。
予約は必要なく、乗船日に片道ずつ購入。
冬は、航海中にクジラがみられることが多く別名「ホエールライナー」と呼ばれている。

島内の移動手段


母島にはバス・タクシー・レンタサイクルはありません。集落内(人の住んでいるエリア)はすべて徒歩で回ることができるが、北港、南崎などの観光スポットに行くには車やバイクなどが必要になる。ツアーに参加する場合は、車がなくても観光が可能。

レンタカー

母島でレンタカーを行っている業者は1件のみ。台数が限られているため、事前にご予約を。

レンタルバイク

母島でレンタルバイクを行っている業者は2件。どちらも予約は受け付けていないため、当日、空きがあれば借りることができる。

有償運送(乗合タクシー)

公共の輸送機関がないため、運輸局に許可を受けた自家用車を用いた有料の送迎サービス。料金は、乗車距離・ご利用人数により異なる。
予約は母島観光協会または、有償運送実施業者へ。
当日のご利用には対応できない場合があるため、なるべく事前にご予約を。

[有償運送実施業者]
業者名 連絡先
アイランドリゾート母島ナンプー 0120-188-887
民宿つきとドルフィン 04998-3-2040
田澤誠治 04998-3-2371
早川保 04998-3-2052
坂入千之 04998-3-2300(母島観光協会)
Canopus Hahajima(カノープス母島) 090-8773-1835
こに散歩(PoCo ポコ) 04998-3-2525
[有償運送料金表(2019年4月改定)]
乗車
距離
1名 2名 3名〜 地点
2kmまで 600円 300円 200円 集落内・旧へリポート・御幸之浜・南京浜・農道6号線終点
3kmまで 900円 450円 300円 西浦入口・舟木山の滝入口
4kmまで 1200円 600円 400円 新夕日ケ丘・中の平農業団地・新ヘリポート・万年青浜(おもとはま)入口
5kmまで 1500円 750円 500円 桑の木山・南崎ロータリー(都道最南端)
6kmまで 1800円 900円 600円 堺ヶ岳入口・ビッグベイ・石門入口
7kmまで 2100円 1050円 700円 長浜入口
8kmまで 2400円 1200円 800円 長浜トンネル入口・ロングビーチ
9kmまで 2700円 1350円 900円 東港展望台・東港下砲台入口・探照灯
10kmまで 3000円 1500円 1000円 東港入口
12kmまで 3300円 1650円 1100円 東港・北港

*料金は片道、お一人様の料金。
*3歳未満の小児については無料。

ガイドツアー(島内観光)

ガイドの運転する自家用車で、島内の各名所をめぐるツアー。気軽に島の北から南までを楽しめるコース。父島からの日帰りの場合、このツアーに申し込みいただくと効率的に島をめぐることができる。

ご来島時のご注意


ははじま丸の乗船券発売は出港の約1時間前から

事前予約はできません。乗船当日に直接乗り場へお越しください。
満席で乗船できないということは基本的にありません。

酔い止め購入はははじま丸乗船前に

母島には薬局がありません。薬を売っているところもありませんのでご注意ください! ははじま丸はおがさわら丸に比べて船体が小さいため、多少の波でも揺れることがあります。酔い止めが必要な方は、ははじま丸ご乗船前に父島にて往復分の酔い止めをお買い求めください。

クレジットカードの利用できる宿・店舗が限られています

事前に宿・店舗へ直接お問い合わせください。 JAのATMで各銀行と郵便局のキャッシュカードが利用可能です。

昼食はレストランまたは事前にお弁当の注文を

お弁当は「レストランアウストロ」(前日までに要予約)、「ははじま弁当」(当日午前10時までに要予約)、「キャプテンクック母島」で売っています。母島農協売店で朝8時からスパムおにぎりの販売をしています。 朝早くからツアーに参加する場合は、宿にお弁当をお願いすることができます(前日までに連絡)。

携帯電話の電波状況は?

集落周辺では、NTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話がご利用できます。集落から離れると電波が届かないため圏外になります。小富士、乳房山では頂上付近など一部電波の入る場所があります。

母島は亜熱帯性気候です

一年中紫外線が強いので帽子やサングラス、日焼け止めなど紫外線対策は万全に。真冬には気温が15℃くらいまで下がることがあります。寒さ対策もお忘れなく。

熱中症に注意

集落を離れると商店や自動販売機がありません。集落を離れるときはお飲物を忘れずに。 山へ行かれる方は、夏場は2リットル以上、冬場でも1リットル以上のお飲物をお持ちください。

山歩きの際は雨具とトレッキングシューズを

母島の土は粘土質で滑りやすいため、小富士・乳房山・石門・堺ヶ岳へ行かれる方は、登山靴やトレッキングシューズをご用意ください。山の天気は変わりやすいため雨具もお忘れなく。

自然保護のため携帯トイレのご利用を

山の中にはトイレがないため携帯トイレをご使用ください。携帯トイレは母島観光協会で販売(370円)しています。

父島から日帰りで母島にお越しの方へ

ははじま丸の通常運航期に父島から母島へ日帰りでお越の場合(母島着9:3 0、母島発14:00)、参加できるツアーは【島内観光ガイド】(約2.5時間)のみとなります。

※島内観光ガイドとは…ガイドが運転する車で説明を聞きながら母島を縦断するツアーです。車で行ける範囲のガイドのため森山散策は含まれません。ご予約は陸のガイドまたは母島観光協会へ。

※昼食は飲食店が混雑し帰りの船に間に合わない恐れがあります。事前予約または父島からお弁当を持参されることをお勧めいたします。